2018年02月23日

3/24.25 粗忽長屋 東光寺

おどる落語シリーズ第2弾
粗忽長屋

「お前、浅草広小路で行き倒れて死んでたよ」「えっ?…死んだ心持ちはしねえけどなあ」
落語「粗忽長屋」は、粗忽な二人が繰り広げるとんでもなくバカバカしく、あまりにも哲学的なお噺。ダンサー、語り手、音楽家、美術家が、現代にも通じる「粗忽長屋」の深ーい世界観を読みほぐし、オリジナルのパフォーマンスにしました。
一年で120%細胞が入れ替わっているというワタシのカラダ。どうして「ワタシの」って思えるの?そもそも、「ワタシ」って何なのよ。
粗忽長屋の迷路を行きつ戻り、追いかける「カラダ」の向こうには、すました日常が笑っている。お寺を舞台に〈おどる落語〉シリーズ第2弾!

日時:2018年3月24日(土)18:30開演
          25日(日)14:00開演
両日共、開場は開演30分前です。
会場:東光寺(滋賀県大津市大萱2丁目29−1)
JR瀬田駅(琵琶湖線)から徒歩5分

料金:前売一般2000円/当日一般2200円
未就学児 無料 小〜高 お志で

お問合せ
soco27gaya@gmail.com
090-8468-0321(粗忽長屋 事務局)

チケット予約
QRコードまたは下記のご予約フォームにてご予約ください。

ご予約フォーム











構成・演出・出演
池端美紀(ダンス)
伴戸千雅子(ダンス)
マダムT(語り)
音楽
熊坂義人(コントラバス)from長野
スパン子(アコーディオン)from長野
輿石bucky智弘(アルトサックス)from東京
ほうすけ3(太鼓)from長野
ミクストメディア
小池芽英子
照明・演出アドバイス
竹ち代毬也
チラシイラスト
島田雄一

伴戸千雅子+池端美紀+マダムT
日常的感覚をひょいと飛び越えて、さもありなんと笑わせる落語を題材にパフォーマンスを創作する。2017年4月に上演した「贋作あたま山」の好評に気をよくして、2018年3月に「粗忽長屋」を上演予定。今回は、その創作過程をご紹介。ダンサーの伴戸千雅子、池端美紀、語りのマダムTがお互いの領域を少しずつまたぎ越えながら、生きてるんだか死んでるんだかの世界観をほどいていく。
  • 20180223170732876.jpg
posted by バッキー at 17:06| spannkosmo-大福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

2.16『HONZI LOVE CONNECTION 10』

第10回目の「HONZI LOVE CONNECTION」が近づいてきました!
このイベントだけの特別な編成で、HONZIが遺した音楽=HONZI's worldの楽曲、HONZIと一緒に演奏した歌や曲、そして、彼女と関わりのあった出演者の今、現在の楽曲も演奏します。
今回は二日間の開催で、HONZIの音楽の世界をたっぷりやります。ぜひご来場下さい!

『HONZI LOVE CONNECTION 10』

2018年2月15日(木)、16日(金)

<15日出演>
Alan Patton / 梅津和時/ 太田惠資 / 熊谷太輔 /
ソワレ / 富樫春生 / トモフスキー /
ドビッチーまゆ/ 中川五郎 / 西村直樹/
本地大輔 / RIKKI / みっち。 /

<16日出演>
磯部舞子 / 伊藤大地 / 伊藤ヨタロウ /
柏原譲 / カツラマズルカ(Alan Patton×多田葉子×岩原智) / 河村博司 / 熊坂路得子/ 白崎映美 /
大福×SPANNKOSMO(熊坂義人、スパン子、輿石bucky智弘、ほうすけ3、haruko) /
みっち。 /

PA:idehof

両日共 開場 19:00 開演19:30

<チケット>
前売・予約:¥3600+1ドリンク
当日:¥4000+1ドリンク
通し券:¥6800+各日1drink(店頭販売のみ)
※チケットの店頭販売、ご予約受付は12月9日(土)より開始します。

<イベントのお問合せ>
MANDA-LA2  
http://www.mandala.gr.jp/mandala2/
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-8-6第18通南ビル地下
電話 0422-42-1579

<チケット>
MANDA-LA2店頭販売 (16時〜23時)
<ご予約>
MANDALA-2 の予約専用フォームからお申し込み下さい。
予約URL;https://ssl.form-mailer.jp/fms/36a3b84d475895
※当日のご入場は事前に店頭にてご購入のお客様が優先となります。
1)通し券来店順 2)1日券店頭 3)ご予約 4)当日券

「HONZI LOVE CONNECTION」について
2008年からスタートした『HONZI LOVE CONNECTION』は、メジャー、インディーズ問わず、様々なアーティストとセッションしたり、自らもフロントに立ち、歌ったり、ヴァイオリン、キーボード、アコーディオン等を演奏していたHONZIの音楽を紹介したり、彼女の生前の音楽活動を反映させたイベントです。
  • 20180202024415817.jpg
posted by バッキー at 02:43| spannkosmo-大福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

キキソソチベット祭り

出演は14日です!


Kikisoso Vol.3 Overview 今年は小諸でキキソソラーギャロー!

 第3回となる今年のキキソソチベットまつりは会場を小諸に移し、チベット文化の彩り豊かな魅力とその奥深さを様々な角度から感じてもらえるよう盛り沢山な内容でお届けします!
 
 厳しい状況が続くチベット。今私たちが受け取るべきメッセージと「チベットを我が事として生きる」をテーマに長年チベットを見つめてきた作家の渡辺一枝さんにお話しいただきます。

 東京外国語大学からは現地でのフィールドワークを重ね製作された貴重な展示「チベット牧畜民の仕事展」&「チベット牧畜民の一日」ドキュメンタリー上映を同大学の星泉教授の解説を交えてお送りします。
 
 そして今年も、その圧倒的な歌声で世界を魅了するチベット人ミュージシャン、テンジン・チョーギャルをはじめ選りすぐりのアーティストによるライブ、毎回定評のあるチベット医・小川康さんの「チベット医学講座」、さらにポタラ・カレッジのクンチョク先生よりチベット仏教のお話「ロジョン(心の訓練)の実践」、
エンディングにはチベット伝統仮面舞踊が登場!
どれも見逃せません!
年に一度のリトルチベットでお会いしましょう!!!


キキソソチベットまつりVol.3/2017
~ We The Nomads Of Tibet! ~

日時
10月13日(金) 14日(土) 15日(日)

13日 17:00 START
15日 14:00 CLOSE 雨天決行
(雨天時は小諸エコビレッジ内の体育館にてプログラムを行います)

会場 小諸エコビレッジ  小諸駅より車10分
(住所 長野県小諸市甲4717)
https://avantijapan.co.jp/social-business/komoro-eco-village

アクセスはこちらをご参考に☟
(小諸駅からの送迎は行っておりません。
車、タクシーなどでお越しください)
http://soil.villageinc.jp/access


Ticket:  1Day 予約 \2500 / 当日 \3000
    2〜3Days 予約\4000 / 当日 \4500
  高校生半額 中学生以下無料

予約・お問い合わせ kikisosotibet@outlook.com


◎宿泊について
キャンプ、車中泊は無料です。体育館の利用も可。

テント/寝袋/マットのレンタルあり。
(CAPTAIN STAG提供)
1セットお一人 \2000、要予約。
数に限りがありますのでお早めにご予約ください。


INFOMATION

◉駐車場あり。
◉小諸エコビレッジ前の車道が狭くなっているため、路上駐車は通行の妨げとなりますので絶対におやめください。

◉体育館内にシャワーあり。1回¥100。
◉最寄りの温泉施設は布引温泉こもろ(営業時間 10:00~19:30) 、
または、大谷地鉱泉(営業時間8:00〜21:00)どちらも車で15分です。

◉小諸エコビレッジは標高約900m、10月の朝晩はかなり冷え込みますので(最低気温6℃予報) 防寒具をしっかりとご準備ください。小雨の場合は野外で決行となりますので雨具の用意もお忘れなく。

◉夜は場内暗くなりますので懐中電灯をご持参ください。

◉ゴミを極力出さないよう、マイ食器 (ふた付きのタッパーが便利です。カップ、おはし、スプーンetc) をご持参ください。
◉ゴミは持ち帰りの徹底をお願い致します。

◉携帯各社つながります。



協賛
スーパーサンガ(宗教を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会)
Hand Magazine
CAPTAIN STAG

エネルギー協賛 
ルートファインディング
NPO法人太陽光発電所ネットワーク


今年も野外ステージの電源はすべて太陽光発電でまかないます!


協力
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
基幹研究「多言語・多文化共生に
向けた循環型の言語研究体制の構築」(LingDy3)
  • 20171010135955222.jpg
  • 20171010140048985.jpg
  • 20171010140055652.jpg
posted by バッキー at 14:01| spannkosmo-大福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする